修業はツラいよ!PART4

皆さんこんにちは。 やすなが整骨院院長の安永です。

先週はまるで9月のような暑い日がありましたね。私が汗だくで施術していると患者さまに「先生は(太っているから)大変ですね」と嘲笑交じりに慰められました。 大丈夫です、今週は少しずつ寒くなるようですから。

私が若い頃「起業祭が終われば冬が来る」といわれるくらいこの時期は寒く(以前は11月中旬に起業祭が開催されていました)、霰(あられ)や霙(みぞれ)が降っていましたが、この時期暑いのはやはり地球温暖化の影響なのでしょうか。また、今年はコロナ禍で起業祭などお祭りやイベントが軒並み延期や中止になりましたが、来年は開催できるようになるといいですね。

さて、11月21日(土)営業終了後、勉強のため山口市小郡の「ヤマナシ整骨院小郡院」に行って来ました。

整骨院に着き、私が「お疲れ様です。安永です。 」と整骨院のドアを開けると「しーん」として誰もいません。 再び呼びかけても返事がないので「失礼します」と中に入りましたが、室内は暗く人の気配がありません。

「あれ? 日にちを間違えたかな?」と思っていると… いきなりクラッカーの音がパーン!!「安永先生、開業1周年おめでとうございます! 」と太田院長をはじめ皆さんが笑顔で出迎えてくれました。 おまけに皆さんから私の大好物「御堀堂の外郎(ういろう)」までいただき、驚き以上に感謝感激の再会でした。※山口県の名物「外郎」には数社メーカーがありますが、私は「御堀堂(みほりどう)」が一番好きなんです。皆さんもぜひ一度ご賞味ください。

今回も最初に私の身体を太田院長に施術していただき(相変わらずの凄腕。 首の痛みも腰の痛みも無くなりました。正にゴッドハンド! )その後、私の患者さまの施術方法や運動療法について質疑応答と実技指導を丁寧にしていただきました。

以前、ある患者さまのことで太田院長に問い合わせたところ、「安永先生、患者さまの名前と年齢や性別、症状を簡単に教えてください。 」と言われましたので、言われたとおり伝えると「その方は頚椎5番が右にズレていますので、骨格矯正してください。 それから…」と私しか知らない内容をスラスラと答えられるじゃないですか!「そんな情報話してないのに何で分かるの? 」ということが多々ありましたので、太田院長に「なぜ診てもいない患者さまの身体の状況が分かるのですか?」と聞いたところ、「ハッハッハ。 いずれですね」と笑って教えていただけませんでした(「スポーツ活法」を極めれば分かるのでしょうか。それとも太田院長の特殊能力…謎です)。

※ いつものヤマナシ整骨院小郡院の皆さんと。三輪さん髪を切ってイメージチェンジですね(美人度3割UP!)

※ 向かって左から松岡先生、梅田先生、私、太田院長、三輪さんです(梅田先生、腕組してゴメンなさい)

ということで、今回もまたスポーツ活法と太田院長の技術の奥深さに驚かされました。

ところでタイトルに「修業はツラいよ」とあるのに、これを読むと「ツラそうじゃない」と思われるかもしれませんが、太田院長に手技を教えていただく際、原因筋(直接痛みの原因となる筋肉)や関連筋(間接的に痛みに関係する筋肉)を押されると「猛烈に痛い」です。本当に泣きたくなるくらいです(私の患者さま、患者さまの痛みは身を以て体験していますので、ご安心を)

「ヤマナシ整骨院小郡院」の皆さん来月もよろしくお願いします!

Top