最近感じること その2

皆さんこんにちは。やすなが整骨院院長の安永です。

ここ最近は朝晩が涼しくて(肌寒くて)、日中は汗ばむ日が多いので体調を崩していませんか?そろそろインフルエンザの季節にもなりますし、今年は新型コロナもありますのでお互い気を付けたいものですね。

さて、前回は「膝が痛い人にはO脚の人が多く、膝の内側が痛くなる人が多い」と書きました。その理由は下の図を見ていただければ一目瞭然だと思います。

O脚になると体重が外側にかかるため、膝関節の関節軟骨(内側半月板)に力が加わり、歩くたび(膝を動かすたび)に関節軟骨が擦り減り、それで痛みが生じるというメカニズムになります(これだけではなく膝関節周りの筋肉の影響もあります)。

「なんだ。それならO脚を治せばいいじゃないか」と思われる方もいるでしょうが、そう簡単にO脚は改善しませんし、ましてや長い年月O脚の方は膝から下の骨(脛骨)が変形(湾曲)している方もいらっしゃいます。

残念ながら、当院の「骨格矯正」でも骨の変形までは治すことはできませんが、膝関節を矯正することで膝の痛みを軽減させることはできます。下の図を見ていただきたいのですが、O脚の方は膝から下(脛骨)が外側にズレています。

私たちの股関節から下(足関節は除く)は、「大腿骨」「膝蓋骨」「脛骨」「腓骨」で構成されています。皆さんも膝を伸ばして上から見てください。痛い方の膝は痛くない膝に比べて膝関節(膝蓋骨:膝のお皿)から下の骨(脛骨)が外側にズレていませんか?

この脛骨のズレを骨格矯正で治すことは可能なので、O脚が完全に解消する訳ではありませんが、膝関節が整い痛みの軽減につながります(膝関節だけでなく、足関節の矯正や筋肉矯正を合わせて行えば更に改善します)。

膝痛でお悩みの方は、一度「やすなが整骨院」にお越しになりませんか?

Top